なかなか子宝に恵まれず、不妊に悩む夫婦は多くいます。赤ちゃんが授からない理由は様々な原因が考えられますが、その中でも一番多いのが高齢化によるものです。女性の体は加齢とともに妊娠しにくい体に変化していきます。卵子の数が減って排卵しにくくなったり、質の低下によって精子との受精が上手く行かなかったり、子宮内の環境の悪化で着床障害を起こしたりなどが多くの原因になります。そしてそれは女性ホルモンの分泌の低下によるものなのです。女性ホルモンは子宮環境を整え、排卵を促し、血流を改善します。妊娠するにはホルモンの分泌を増やすこと、骨盤のゆがみなどをただし血流を改善して子宮環境を整えることが必要です。ウォーキングやストレッチなどの運動を日々の習慣として取り入れることで、体内循環が良くなり赤ちゃんが授かりやすい環境が整います。母乳下半身を温めて血行を良くすることも大切です。また、葉酸は女性ホルモンの分泌を促す効果があるので、妊活中にはぜひにも摂取すべき栄養素です。そして、晴れて赤ちゃんが授かったら初期には葉酸が不足することで起きる赤ちゃんの障害を回避するためにも、サプリなどで葉酸をしっかりと摂るように心がけます。母子ともの貧血回避にも必要です。そして、出産後にも母乳を通して赤ちゃんにしっかりと必要な栄養素を与えるためにも葉酸を摂ることが大切です。葉酸は野菜や様々な祝品に含まれています。そういったものを積極的に取り入れた食生活が必要ですが、サプリは手軽で確実に日々の必要量摂取できるので、多くの女性が飲んでいます。