葉酸サプリで摂取不足のイライラ・不安を解消

ほうれん草妊娠中に必要な栄養素として「葉酸」や「鉄」が代表例として挙げられます。
葉酸は、ホウレン草やブロッコリーといった葉物野菜に多く含まれますが、こういった野菜は茹でることで栄養素が逃げてしまい、必要量摂取するのはなかなか厳しくなります。そこで、葉酸に関してはドラッグストアや赤ちゃん用品店で多くの妊婦向けサプリメントが発売されています。妊婦向けということで、成分に関しても心配はなく、通常のタブレット形からクッキーやキャンディーに含まれているタイプのものもあり、気軽に摂取が可能です。
次に重要な栄養素が、鉄分になります。後期になると、胎児の急激な成長により貧血になりがちです。多くの妊婦が後期の検査で貧血を言い渡され、鉄剤といった薬を処方されることとなります。鉄剤は飲むと便秘になりがちで辛いこともあります。日々の食生活で、赤身の肉や野菜、豆腐類などの鉄分を多く含む食事を心がけることが大切です。また、鉄分は葉酸やビタミンといった栄養素と一緒に摂取することで、体内に吸収されやすくなります。初期に使ったサプリメントを引き続き飲用しても良いですし、鉄分を多く含む食事には葉物野菜をプラスすることも大切です。逆に、鉄分はカフェインと相性の良くない栄養素です。食事前後30分を目安に、カフェインの飲用は避けた方が良いでしょう。
サプリメントや医師処方の薬を上手に活用して、赤ちゃんに栄養をたくさん送ってあげたいものです。