葉酸はいつまで摂取すべきか

妊娠するためには女性ホルモンのバランスがとても大切です。女性ホルモンの分泌が低下すると、排卵障害や着床障害を起こし、妊娠しにくくなります。そんな時に最適な栄養素が葉酸です。葉酸は女性ホルモンの分泌を促し、血行促進して赤ちゃんが宿りやすい体にする効果があります。また、妊娠初期にも葉酸が大切です。それは初期段階での胎児は脳や神経系を細胞分裂をしながら作り上げていく大切な時期です。この時期に葉酸不足になるとそれが原因となり、脳や神経に重大な障害を引き起こしてしまうという調査結果があるのです。ですから、妊婦が必要な量をきちんと摂ることが必要です。葉酸は野菜や納豆に多く含まれているものですが、より確実に摂取するためにはサプリを活用することが良い方法です。授乳妊婦に適した葉酸サプリには、その他鉄やビタミンなど成分も配合されているので母体や胎児にとってとても良い栄養素になるのです。また、母体は貧血を引き起こしやすくなります。それを防止する対策としても葉酸はとても役立ちます。妊婦は大きくなった子宮が腸を圧迫して便秘にもなりがちですが、葉酸は血行促進、体内循環を正常化する効果があるのでその対策にもなります。そして産後には女性ホルモンのバランスの乱れによって抜け毛が増える傾向になりますが、そこでも葉酸がホルモンバランスを整える効果に役立ちます。授乳を通して赤ちゃんへの栄養補給にもなるので、授乳期間が終わるまで、しっかりと葉酸は摂るべきものなのです。