産後の母乳中でも葉酸は必要?

妊娠初期の摂取が注目されている葉酸ですが、実は出産した後にも効能があることをご存じでしょうか。
葉酸の産後のメリットについてご説明します。

母乳を作り出すには健康な血液が不可欠です。
葉酸には赤血球をつくり出す造血作用があるため、新鮮な血液から良質な母乳を生成することができます。

乳房に運ばれ乳腺の腺房で母乳が生成されます。

さらに血行が促進されることで母乳がたくさん作られてお乳の出が良くなる効果もあります。
赤ちゃんの健やかな成長に欠かせない栄養補給に関して、葉酸は重要な役割を果たすのです。

授乳期に葉酸が不足してしまうと母乳の質が低下したり、母乳が出にくくなる可能性があり、赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす危険性が懸念されます。

お母さんは産後の授乳期に貧血になりやすくなります。
母乳の分泌には実に多くの鉄分が必要とされ、鉄分不足が起こりやすいからです。

すると鉄欠乏性貧血を発症しやすくなり、立ちくらみやめまいといった症状があらわれます。

葉酸は造血作用により、貧血予防にも大きな効果が期待できます。
妊娠から出産を終えた時期にホルモンバランスが乱れてしまう女性は少なくありません。ホルモンの分泌量や周期が急激に変化することが原因です。
ホルモンバランスの乱れによる症状は、抜け毛、むくみ、うつをはじめ、色々な形であらわれます。
葉酸にはこのホルモンバランスの乱れを正常に整え、諸症状を緩和するはたらきがあります。

では授乳期にはどれくらいの葉酸を摂取すればよいのでしょうか。
厚生労働省が授乳婦に推奨している必要摂取量は340μg/1日です。

この値は食事性葉酸、すなわち食品から摂取する場合の葉酸の量となります。
バランスのよい食生活を心がけ、野菜や果物をはじめ葉酸を多く含む食品をたっぷりと食べるように工夫しましょう。

ただ産後は育児や授乳に手いっぱいで、自分の食事に気をつかう余裕がないママもたくさんいます。
食事だけではなかなか推奨摂取量をクリアできない人は、サプリメントを活用するのもおすすめです。
サプリなら必要量が毎日きちんと摂れますし、何よりも手軽である点が大きな魅力です。

またカルシウムや鉄分など授乳期に必要な他の栄養素もいっしょに配合されているタイプも多く、効率的に栄養を補給することができます。
ただし耐容上限量である1000μg/1日を超える量を摂取し続けると、かゆみや吐き気などの副作用が出る可能性もありますので、過剰摂取にはくれぐれも注意が必要です。

葉酸サプリメントの副作用はこちらのサイトで詳しく解説されています。
参考サイト:葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ
http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12 
葉酸を摂取したいけど母体や胎児への影響が気になる方必見です。